町の法律家の行政書士になるには

法律家といえば弁護士はだれでも知っていますが、身近な町の法律家として行政書士があります。行政書士は弁護士のように法廷に立つことはできませんが、様々な許認可を役所に依頼するときの書類を作成したり相談にのってくれるのが行政書士の仕事です。例えば建設業や風俗業や古物商などを行うときには役所の許可が必要なのですが、行政書士はこれらの仕事を代行してくれるのです。日本は行政の許認可のための膨大な法律があるので、行政書士の仕事は非常に幅が広いです。そして行政書士になるには国や地方自治体の公務員として、20年以上行政事務の行った経験があるか国家試験に合格する必要があります。競争率は10パーセント前後で比較的難関ですが、努力次第で取得できる資格です。行政書士試験に合格すると、各地域の行政書士会に所属して仕事を行うことになりますが、本人次第で高収入も可能です。試験科目は憲法、民法、行政法など法律科目と一般教養から出題されます。

呪い代行 料金

東京 かつら 修理

新潟 ヘアサロン
人気のヘアサロンはこちら

最新投稿

  • 法律について1

    現在の日本の憲法は自主憲法と言うより、アメリカによって与えられた憲法であることは戦後の歴史書を読めば …

    続きを読む...

  • 法律について2

    何年か前に交通に関する法改正が行われ、飲酒運転に関する法律が厳しくなりましたが、その結果交通事故によ …

    続きを読む...

  • 法律について3

    法律に詳しい人はけっこう頼りにされることが多く困ったことがあったら話を聞いて欲しいと言われる機会が増 …

    続きを読む...

  • 法律について4

    弁護士が正義の味方となっているドラマはたくさんあります。しかし実際の弁護士は法律を使った守銭奴と言っ …

    続きを読む...